お客様の声はキャッチコピーの宝庫

seminartop02
2015年10月19日

自社の強みをどう表現したら伝わるのかな?

会社や商品のキャッチコピーを考えるのは難しいですよね。

いいものであることは間違いない!

でも、それをどう伝えたらいいのか分からない。

インパクトがあって、分かりやすいキャッチコピーって、どう作るんだろう?

という方、こんな方法があります。

お客様の声をちゃっかりいただく

お客様アンケートを取ったり、お客様インタビューをしていると、

光り輝く言葉を発見することが多々あります。

そう、お客様は「自分では気づかない自分の強み」を客観的、かつ

的確に表現してくれる言葉の神様なのです!

たとえば、私は自分のヒアリングの強みを「聞き上手」と表現しているのですが、

いただいた声の中に「聞き上手を超えた聞き出し上手」という表現がありました。

なんと嬉しいお言葉なんでしょう!!

これ、自分では絶対思いつきませんし、たとえ自分でひねり出したとしても自画自賛のようで、使いづらいです。

しかし、お客様の声としていただくと、客観視された強みとして受け取ることができ、「照れ」がなくなり、自信をもって使うことができます。

自分では当たり前すぎて強みと思っていないこと、弱点と思っていたことがお客様にはかえって受けが良かったこと、

聞いてみると知らない自分を発見できるもんですよ。

事業における情報収集として、「お客様のことはお客様に聞け」と、よく言われますが、「自分のこともお客様に聞け」なのです。

お客様が発する言葉はキャッチコピーの宝庫。「これだ!」と思ったものは、しっかりメモしておきましょう。


※自分で聞き出すのは難しい、という方はこちら。プロのライターがお客様の声をヒアリングしてきます!
https://www.storyinc.co.jp/service/voice