ブログとホームページの役割って何?

03
2015年09月06日

ブログをホームページ代わりにしたいんですが…。

 

開業したばかりでホームページを作る費用がないという方から、こういう相談を受けることがあります。

この場合のブログは、アメブロやライブドアなどの無料ブログのこと。

たしかに、お金がない独立当初はそうする方が多いですよね。

 

しかし、本当にそれでいいんでしょうか?

おすすめは、「ホームページもアメブロも両方やる!」です。

 

私はアメブロなどの外部ブログとホームページの役割を次のように考えています。

 

▼アメブロ

幅広く多くの人に見つけてもらい、ファンになってもらう場

▼ホームページ

見込み客や求職者に信用してもらう自己(自社)紹介の場

 

無料で使える外部ブログは、言ってみれば他人の家で営業活動しているようなもの。ある日突然、出て行ってくれ!と言われたら、そこは使えなくなりますよね?突然アメブロの記事が全部消された、なんて話もよく耳にします。

 

だから、しっかり営業するなら、独自ドメインを取って自社のホームページを作っておくほうが安心です。

 

それにブログは、自社のサイト内でも作れますから、そこにお客様に役立つ記事を蓄積していったほうがSEO対策にもなり、突然消される心配もありません。

 

今はjimdo、wixといった無料制作ツールもありますし、月々1000円も払えば独自ドメインを取得することもできます。オフィシャルページなんですから、これぐらいは費用をかけてもいいでしょう。

 

「コツコツと質の高い記事を自社サイトにアップしていく」ことは、居心地のいい持ち家を自分で作り上げていくことに似ていると思います。

そこにはあなたの好きな人が集い、「この家いいよ」とクチコミで広げてくれる。

と、そんなイメージですね。

 

多くの人に認知されるまで時間はかかりますが、独自ドメインでのホームページ&ブログ運営は、信頼と安心感を与えてくれます。

 

じゃあアメブロは意味ないの?

というと、こちらも捨てがたいのは事実。

 

メリットは手軽に始められて、初心者に分かりやすいこと。

それにアメブロは利用者が多いので、見つけてもらいやすいですよね。

読者登録も気軽にできて、そこからファンが広がる可能性もあります。

 

個人的な記事、例えば、趣味のことや様々な想いなど、仕事に直接関係ない記事もアップしやすいのがアメブロの魅力です。

仕事以外の記事からも、人柄や価値観が伝わればいいですよね?

 

今後、ビジネスで外部ブログを使う人は確実に減るでしょう。

しかし、集客の窓口の一つとしてうまく利用するのはアリです。

 

アメブロに限らず、やれメルマガだ、twitterだ、facebookだ、youtubeだ、instagramだと、さまざまな情報発信の場があると、どこに何をアップしていいのか分からなくなりますが、基本は自社のホームページ。その他は、ホームページを支える補足ツールと考えると分かりやすいのでは?

 

自社のホームページを揺るぎないものにしておけば、どんなツールが出てこようと振り回される心配はありません。

 

「お客様が知りたい情報、お客様に役立つ情報を自社のホームページにアップし続ける!」

続けることで結果は必ずついてきます。

 

※じゃあそのホームページには何を書けばいいの?という方は、

 こちらをお読みください。